2020年07月08日

九州豪雨

九州では局地的豪雨により水害が多発し、多くの被害・犠牲が報告されています。
さらに今日は長野・岐阜でも水害が発生し、被害の詳細が気になります。

このような災害時には避難所が開設され、多くの人が避難してきます。
そして避難所では、以前から衛生面が危惧されていて、感染症対策が重要となります。

今年は新型コロナウイルス感染症もあり、今まで以上の注意が必要とされています。
さらにWHOからは、新型コロナウイルスが空気感染する可能性を捨てきれないとの報告も出されています。

今後、どの地域でも災害が発生する可能性がありますので、常に発生に備えた準備をすることが重要となります。
posted by 部長 at 15:02| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

新型インフルエンザ

先日、中国で新型インフルエンザが発見されたというニュースがありました。
現在はブタを宿主として、ヒトに感染しますが、ヒトからヒトへの感染は認められていません。
今後、ヒトからヒトへ感染するようになれば世界的なパンデミックになる可能性があります。

未だ新型コロナウイルスの感染が続いている中、新型インフルエンザの危険性も懸念されており、より一層の感染防止対策が求められます。
posted by 部長 at 16:35| 岡山 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

治療用アプリ

厚生労働省は、株式会社CureAppが開発したニコチン依存症治療用アプリの薬事承認を了承しました。
既に一部の国では患者への処方が始まっている治療用アプリですが、日本で承認されるのは今回が初めてです。
株式会社CureAppでは、保険適用の希望を厚生労働省に提出予定で、近いうちにスマホアプリが医療機器として認められるかもしれません。

また塩野義製薬は、デジタル治療用アプリが、小児のADHDにおける不注意症状の改善を適応として、アメリカのFDAから承認を取得したと発表しました
FDAが承認したアプリは、小児の不注意優勢型または混合型の注意欠如・多動症(ADHD)に対して、不注意症状を改善するそうです。
具体的には、認知機能で重要な役割を果たす脳の前頭前野を活性化するよう設計されており、患者はスマホやタブレット端末を通じ、個別に最適化された難易度のゲームを継続的に行うことで、症状を改善するそうです。
日本においても、小児のADHD患者を対象に、有効性と安全性を探索的に検討する第2相臨床試験を実施中とのことです。
posted by 部長 at 22:00| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

次亜塩素酸水その後

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、6月25日新型コロナウイルスを用いた候補物資の有効性評価結果の最終報告をとりまとめました。

前回まで有効性が疑問視されていた次亜塩素酸水も、一定以上の濃度があれば有効という結論に至ったようです。
なお、今回の検証結果を踏まえると、次亜塩素酸水の利用に当たっては以下の注意が必要であるそうです。
①汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること
②対象物に対して十分な量を使用すること

また空間噴霧に関しては、今回も評価されておらず、噴霧よりも換気の方が有効らしいです。
posted by 部長 at 15:40| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

電子処方箋

19日、厚生労働省は2022年度から全国で電子処方箋の運用を開始する方針を固めました。
来年の通常国会に薬剤師法などの改正案を提出・成立を目指す予定です。

マイナンバーカードを健康保険証代わりに使えるようにする方針もあり、運転免許証も一つになるかもしれません。
検査結果なども一元的に管理できるようにしていくことで、私たちの業務や生活も改善されてくるようです。
posted by 部長 at 15:25| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする