2017年10月28日

第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会へ参加してきました!

徳島で開催されました、中国四国支部学術大会は、台風21号が迫る中での開催でしたが無事に開催され、約1500人の参加がありました。3学会合同(日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会)ということもあり、大学などの研究機関からは基礎研究レベルの発表が、病薬からは病棟業務や臨床に特化した発表が、日薬からは薬局や地域における取り組みなどの発表があり、それぞれの分野に分かれた興味深い報告ばかりでした。
その分、この大会のテーマである「薬・薬・薬連携」が現場レベルで果たして本当にできているのか考えさせられる大会でもありました。
6.jpg
地域包括ケアシステムの構築が進んでいる中、病院から薬局へのシームレスな移行過程ができているとはとても思えません。病院と薬局の連携、もっと言えば、薬剤部と薬局の連携が必須なのだと思います。連携の一つとして、処方箋に検査値データを載せる病院があります。診断名を載せる病院もあります。お薬手帳とは別に診療記録を記載するノートを作る病院もあります。外来処方箋に薬剤部の薬剤師が前回との変更点や変更理由、注意点などを記載したものを一緒に添付してくれる病院もあります。薬局の薬剤師はその時その情報をどのように患者さんのために役立てられるでしょうか。
連携の在り方、連携の活用の仕方、色々なことを考えさせられる学会になりました。
連携にはまず「相手を知ること」が大切なので、中国四国の多くの仲間と繋がり合うことができた本当に意義のある大会となりました。
5.jpg
posted by 委員長 at 17:26| Comment(0) | 学術大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

第50回日本薬剤師会学術大会へ参加してきました

10月8、9日に東京国際フォーラムとJPタワーホール&カンファレンスにて開催された、第50回日本薬剤師会学術大会に参加してきました。東京では第30回大会以来20年ぶりの開催で、開会式には安倍晋三首相や加藤勝信厚生労働大臣、藤井基之参議院議員もお見えになっていました。記念すべき50回大会ということで、参加者は1万3415人にも登ったようです。
1.jpg
 「Pharmacists Practicing with Pride―新たな次代に向けて、さらなる飛躍」をメインテーマに47の分科会が企画されたほか、特別記念講演1題、特別講演7題、日本医師会、日本歯科医師会、日薬の各会長によるパネルディスカッションなど、多彩なプログラムがありました。一般演題も過去最多となる838題が集まり、今後の薬局、薬剤師が果たす役割について、活発な討議が行われました。
 当社からは、立野、寺井、須江が参加し、ポスターセッションにおいて発表を行いました。
寺井は県が進める災害対応力向上を目指した地域密着型災害対策研修会の実績について発表しました。岡山は災害が少ないという認識から、他人事のような感覚を持ってしまいがちですが、薬剤師なら災害時の薬局の役割を知っておく必要があります。
3.jpg
須江と立野は、「薬局薬剤師による多職種連携研修会における事例提供を介した地域医療・介護への介入効果とその影響 」という演題で発表しました。在宅患者に対する多職種との連携の構築や取り組みを当社学術委員会でまとめたものです。
2.jpg 4.jpg
 セッションでは多数の方が質問や意見交換に来ていただき、お互いの取り組みや課題について知識を深め合うことができました。また、全国の薬剤師の方と知り合うことができ非常に有意義な時間でした。
posted by 委員長 at 22:04| Comment(0) | 学術大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

学術マネジャーが行く、第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会参加報告

今日は、これで終わり、
懇親会まで時間があったため
S先生と一緒に高知名物を食べにでかけました。
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg
とりあえず、ひろめ市場に行くこととなった。
たまたま、ハロウィンで盛り上がっていました。
ご当地アイドル目当ての人たちが楽しそうに仮装をして盛り上がっていました。
   
いろいろと見て回ったが、高知といえばカツオということで、
トロカツオの刺身とタタキを賞味することに。
21.jpg
22.jpg
その場の雰囲気もあるのかもしれませんが、
いつも食べているタタキとは違う!臭みがまったくなく、まったく別物です。
   

そうこうしているうちに、
ホテルにチェックインしないといけない時間となったため、
31.jpg
42.jpg
43.jpg
45.jpg
いったんS先生と別れました。

今日のお宿は、このホテル。一泊なんと¥5000なり。
ヤフーポイントを使い、プレミアムチケットを事前に何とか手に入れ、
このお値段に!頑張りました。
シンプルながら、寝泊まりだけなら必要十分。
  


高知の夜の街を少し散策しながら懇親会会場へ向かいました。
会場は、かるぽーとの横のホテル日航高知 朝日ロイヤルです。

2015年12月31日

学術マネジャーが行く、第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会参加報告

★医療機器メーカー展示スペース及び各県展示スペースの様子
シンポジウム1の3の間に、7階のスペースを見て回った。
医療機器メーカーの展示スペースを見て回り、
中国四国の各県が県の特徴をアピールするブースを見て回った。
ここでも、香川の溝渕先生や
広島の荒川先生など活動的な方たちが各県のアピールを行われていた。
岡山県は・・・


★ポスターの様子
ポスターも見て回った。
その中で、注目したポスターが次のものです。
P-37 高知県における患者の飲み残し薬調査(1)〜アンケート集計及びデータ処理用C/Sシステムの構築〜
P-38 高知県における患者の飲み残し薬調査(2)〜服薬状況についてのアンケート解析〜
P-39 高知県における患者の飲み残し薬調査(3)〜〜残薬と数量及び金額との関係〜

薬、降圧薬などがともに多くみられたことは、疼痛緩和あるいは慢性疾患での血圧・血糖値など良好な維持が来ていない可能性が示唆され、適正な薬物療法が行われていないものと考えられる。薬剤師が積極的に服薬支援を行い、健康や病気の予防に関する専門知識を発信し、患者のアドヒアランスの向上、服薬状況の改善を図ることにより、医薬品の適正使用、適切な薬物療法、さらに薬剤費の削減にも貢献できるものと考えられる。という内容。
非常に参考となった。大学、薬剤師会、公的機関、薬局が調査したものであり、今後我々に求められている連携だと感じた。

残薬となった内服薬の薬効分類別数量
335品目中、1位:下剤(酸化マグネシウム)、2位:消化性潰瘍剤(レバミピド)、3位:ビタミンB12製剤(メコバラミン)など残薬の多かった上位20品目に置いて全体の40%を占めていた。
用法で見ると、1日1回の服用がほぼ半数を占めていた。この理由として、高齢者の飲み忘れ対策として服用方法の簡便化の推進によるものと考えられるが、それにもかかわらず「飲み忘れてしまう」ことから、ヘルパーなどの多職種と連携し薬剤師が積極的に服薬支援を行うことが重要。
金額及び数量において、解熱鎮痛消炎薬、糖尿病

★ランチョンセミナー2の様子
ランチョン2.png 
今回の学術大会への参加した中での一番の楽しみといっていい、医療法人つくし会 南国病院 薬剤部長 川添哲嗣先生のご講演である。以前より、何度かお話しを伺っているが、内容が進化していた。
改定2.png
★さまざまなことが原因で、残薬問題が出てきています。
・退院時の薬剤をきちんと整理
⇒縁部病院に持ってきていない、DPCで病院から持って来ないようにいわれる・・・などの問題がある
・注射が面倒くさかった
⇒インスリン注射を打っていないということは、検査結果が悪いからといって単位をあげてはダメ!患者の自己防衛反応で、単位が上がって打つと、低血糖になると考えて、単位を減らして自己判断で打つので効いていないこととなる悪循環となる。この場合は、処方設計のやり直しを薬剤師がきちんと伝えられるようにしなければならない。
・老老介護
⇒薬の切り離しをしての管理の仕方が原因
・家族の不仲
・いらないけれど、出してもらえるのでもらっておくという心理
・認知機能の低下
⇒週1回製剤が良いというわけでもないという現実
⇒単純な飲み忘れ42%、少しずつたまってきている9.7%、理解不足、用法間違い2.7%、必要性の認識不足12.6%

ここで、薬剤師の出番!
★外来での対策
・受診時残薬確認を必ず行い、次回(当日)処方の減量を疑義照会
・薬局は一つにまとめる。かかりつけ薬局にしっかり相談しながら対策を考えていける環境を作る
・門前だけでなく、すべての薬局で意識して行うことが大切
・病院薬剤師でも、残薬の次回対策を決めておくことが大切で、連携をしておくことが求められている
★入院中の対策
・シンプル処方⇒生活に併せた服用地点、退院後を見据えて入院中から準備
・認知、運動機能、そして摂食・嚥下機能の評価と対策⇒評価シートの活用、多職種フォロー

とても大変な作業だが、お薬手帳にきちんと病院で検査値やうれしいことや必要なことなどのメッセージをしっかりと載せて退院させてあげるということが大事。退院前カンファレンスには時間がないながらも可能な限り参加し、入院中から退院を見据えて処方を提案すると医師も認めてくれるようになる!病院薬剤師からの発信も求められていて、薬局薬剤師と連携をすることが、最終的には患者さんのためになる。
服薬全体を見て、問題点がどの段階(内服薬:薬を見る⇒薬ということを認識する⇒薬を取る⇒薬を出す⇒薬を口に入れる⇒ごっくんと飲む)(外用薬:薬を見る⇒薬ということを認識する⇒薬を取る⇒包装から取り出す⇒剥離紙をはがす⇒貼る)にあるのかをきちんと理解して、解決方法をみつけてあげることも薬剤師としての大切や役割である。
という内容であった。

薬剤師としてできることは沢山あり、生活状態や家族構成などを踏まえて患者と向き合えば、本当の意味での薬剤師としての役割を果たすことができると感じました。


★シンポジウム2「改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムにおける実務実習」
今回の目標に掲げていた、薬学教育に関連する内容である。また、明日の口頭発表に結びつけるための自身も口頭発表を行い、薬学教育に期待することを伝えることを目標として参加しました。
  
図1.png
改定コアカリ1.png
1.改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムにおける実務実習〜病院実習でなにをすればよいのか〜
改訂モデル・コアカリキュラムでは事前・病院・薬局実習が「薬学臨床」に一本化され、「安全で有効な薬物療法の提案とそれを実施・評価できる能力の修得」および「チーム医療・地域医療への参画能力の修得」に新たな力点が置かれた。これに従って、大学が主導的役割を果たし、実習を行う実習施設と円滑に連携して、実習の水準の確保・向上を図ることを求めている。この中で、大学と実習先は緊密な連携のもとに、「代表的な8疾患」に継続的に関われるような実習を提供しなければならない。そのためのポイントは、以下のものです。
@実務実習は参加型の臨床実習であることを念頭に置くことが大切である。参加型臨床実習は医療系学生にとって共通であり、医療チームに参加しその一員として、薬学の場合は薬剤師・思考(問題解決能力)・技能・態度を総合的に学べるような工夫を行い、実務実習は大学教育の一環であることを忘れてはならない。
A改訂コアカリキュラム下での実務実習では、SBOsが100%実行されることが必要条件となる。大学側と受け入れ施設は実習内容について事前に十分協議することが必要です。
という内容です。
2.薬学実務実習に関するガイドラインに沿った薬局実習に向けて
ガイドラインで指摘されている重点は、@参加・体験型の臨床実習の充実とA大学が主導して行うが病院・薬局が連携した一貫性のある実習の2点である。実務実習における課題や大学教育における課題も指摘されており、これらの課題を踏まえて、ガイドラインではその是正を提示している。薬局と病院との一貫した実習については、学生や実習状況の情報をどのように施設間で共有するかが重要な課題であるが、これについてもガイドラインでは、「実務実習実施計画書」を作成して情報を共有することになっているので、この計画書の具体的な準備が急務である。この連携がうまくいけば、地域医療連携にも大いに貢献すると期待できる。
今後、連絡会議では、必要な情報発信やツール作成など、優良な例があれば積極的に紹介して、準備を強力に進めていく必要が圧と考えている。という内容です。
この講演の中で心に響いたのは、患者さんと伴走する薬剤師の姿や、患者さんや来局者の方から頂いた「ありがとう」の言葉は一生の宝ものとなるので、それを体験できるような実習にしてもらいたいという言葉です。

3.改訂コアカリに対応した実務実習〜大学はどのように対処すればよいのか〜
改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムにおいて、「薬剤師に求められる基本的な資質」を身につけるためにコアカリを学習するという立場を明確に謳い、原稿で事前学習、病院実習、薬局実習毎に独立して記載されていた到達目標を一本化して「F 薬学臨床」としてまとめたことが特徴である。
「F 薬学臨床」は、薬局と病院の区別を排除し、方略等の記載を無くして、他のコアカリ部分と統一性を持たせる形式となっている。内容は、「処方設計と薬物療法の実践」などの目標に力点がおかれ、「代表的な疾患」8疾患を定めて、実務実習中にこれらの疾患の患者と幅広くかかわることが必要とされており、実習の枠組み、実習実施のための施設や大学への指針が提案されている。すべての学生が「代表的な8疾患」の薬物療法をできるだけ体験できるように努めるだけでなく、学生の最終的な評価に責任を持つことが求められています。

 
医療人としての使命は次の3つ。
1)治るべき病気を治るようにする、治る病気を増やす
2)知識と技能を尽くしても治らない病気になった人が希望を持つことができます
生きている⇒生きていく
3)良き後輩を育てる
 基本的資質の教育能力が大事で、医師・看護師と同様で、薬剤師も育つようにしなければならないのではないか!
という内容です。

このシンポジウムの中に矛盾を感じたことがあったので、それは後の口頭発表の場で。
また、明日の口頭発表が薬学教育に関する内容であったため、急きょではあるが伝えるべき内容が見いだせ、収穫のあるシンポジウムでした。

2015年12月26日

学術マネジャーが行く、第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会参加報告

★シンポジウム1の様子
シンポジウム1は9時30分からスタートしました。
途中で須江先生が来て、一緒に聴講しました。
11.jpg12.jpg  

1.セルフメディケーションと機能性食品
機能性食品がセルフメディケーションの一翼を担うものとして期待されているが、
それを手段として活用するには、薬学的な観点からの評価が不可欠である。
すなわち、その基原が正しいか、関与成分の含量は一定以上でかつロット間で斉一か、
研究論文で用いられた製品と実際に開発した製品の生物学的同等性、
そして必要かつ十分な臨床的エビデンスが存在するかなどが評価されなければならない。

しかし、薬学教育モデルコアカリキュラムの中では
機能性医薬品に関する事項は、ほとんど触れられておらず、
体系的な教育がなされているとは言い難い。

今後、医薬品の専門家である薬剤師こそが、
これらの視点から機能性食品に関する情報を収集・評価し、
患者・消費者にわかりやすく伝えることが求められている。
という内容であった。

2.食品の機能性を通じた「まち」づくり
地域の食材には魅力的な健康増進効果が秘められているが、
残念ながらその効果のほとんどは科学的に証明されておらず、
「暗黙知」の域を出ていません。

「暗黙知」から「形式知」へ変換するための研究について紹介する。
@抗酸化評価法:SODアッセイキットWST 血圧上昇抑制効果評価法:ACEキットWST の紹介
A碁石茶の血中LDL上昇抑制効果と動脈硬化形成抑制効果
Bカツオに含まれる、イミダゾールペプチド・アンセリンによる眼精疲労の改善傾向
これらの成果は、「地産地消」に加え、さらに地域で検証する仕組みを加えることにより、「地産地消地検」の運動を展開し、「まち」の住民の健康増進と共に、科学的エビデンスに基づく「機能性表示食品」の開発により、地域産業の振興にも結び付くと期待している。
という内容でした。

3.食品の新たな機能性表示制度を活用した産業振興について
〜健康食品等の機能性表示と四国産品の6次産業推進プロジェクト〜
国の規制改革会議が発足し、検討項目の一つとして
「新たな一般健康食品の機能性表示を可能とする仕組みの整備」に係る議論が行われ
国の規制改革実施計画として閣議決定されました。

今後、新たな機能し表示食品制度を一つのツールとして、
どのように産業振興につなげていくべきか、
また、こうした取り組みを推進するためには地域の産官学連携が必要ゆえ、
薬学をはじめとする多くの専門知識をお持ちの
皆様のご協力を頂きたいと願っている(抄録抜粋)。
という内容でした。
この時間、他のブースを見に行っており詳細は不明です。

4.期待される薬局の機能と薬剤師の役割
2025年問題に向け、保険薬局の薬剤師にも地域医療・介護総合確保方針に従い、
医療・介護へ積極的な取り組みが期待されている。そんな中、
医薬分業率が70%近くになり、
薬局での医薬分業の本来の役割が果たされているのかという問題が
浮き彫りになってきています。

現在、厚生労働省で健康情報拠点薬局のあり方に関する検討会が
薬剤師、医師、看護師など医療関係の代表者や大学教育者、生活者代表、
新聞記者などの学識経験者によって行われており、
薬局の機能、薬剤師の役割などが検討されており、
また、薬局本来の役割を果たすためには、かかりつけ薬局・薬剤師が必須とされており、
その上に健康づくり支援薬局となり得るための要件も検討されている。
薬剤師として必要とされているものは、以下のものであると考える。
23.jpg32.jpgシンポ2.png
@健康寿命と健康寿命との差を縮めることが重要⇒産業競争力強化法が必要
・検体測定室のグレーゾーンの解消が進んできており、
ガイドラインに則したもので、数値を伝え検診に結びつけることの
推進が必要。
・医療用検査薬から一般用検査薬の推進
A物を販売するだけがセルフメディケーション支援ではない。
具体的な事例として以下のものがあげられる。
・処方薬 糖尿病患者に口腔内崩壊の重要性
・治療薬の副作用の予防
・整形の処方せんへの運動の重要性
・COPDの患者さんへの重症化予防
・眼科患者へのPC画面など環境による渇き回数減少による涙液分泌低下
・高齢者への栄養バランス情報
・腎臓病患者への減塩食・低タンパク食
・抜歯患者・嚥下困難者への食事(スマイル食事)
・胃切除後の栄養補給
・便秘で下剤使用者への腸内環境、運動等
・廊下に伴う頻尿患者への骨盤底筋強化運動
・肌荒れ、乾燥性皮膚炎への保湿、紫外線防御
・国民の睡眠指針に基づいた情報提供や養生法
・その他、色々な疾病への生活指導情報           など
現在、努力せずに生活者が来店しているという実態をもう一度見直さないとだめ。
B声かけ⇒傾聴⇒気づき・気遣い⇒解決策の提案⇒診療情報提供書を出す⇒連携できる
C問題点
・すべての役割の根底にはチーム医療連携が必要で、
薬局は医療提供施設へ課題をどう解決していくか。
・ハード面とソフト面の整備がどれだけできるのか。

様々な問題を抱えているが、薬剤師として、
薬局としてやるべきことはもうすでに示されており、損得は考えずに、
実行していくことが今求められていると感じさせられた。踏みとどまっていては、
退化しかないということを改めて考えさせられた。