2021年04月11日

医食同源

最近、健康に一番大切なのは食事ではないかと考えています。

私自身、健康には自信がなく、年々体力が落ちていることを感じています。
そしてその理由が食事にあるのではないかとも思っています。

古来より医食同源とはよく言ったもので、健康維持にはやはり食事です。
しかし何が良いのか、特に自分には何があっているのか分かりません。

そこで学術部では、栄養関係の勉強会も計画中です。
薬や病態の勉強会だけでなく、様々な勉強会を計画するのも学術部の役割です。
posted by 学術部長 at 08:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

令和2年度第7回社内勉強会

3月30日は、今年度最後の社内勉強会で、「不整脈」をテーマとした勉強会でした。
オンライン勉強会は慣れたものですが、質問が出ないのが常に悩みです。

現在医師会では、心臓関係の勉強会が数多く開催されており、それを踏まえたテーマ設定でした。
世の中のトピックスの勉強することは、薬剤師である私たちがしなければならないことだと考えています。

社内勉強会は、私が担当するようになった当初は、3か月に1回のペースで行っていました。
それが徐々に開催頻度が多くなり、いつしか1か月半に1回となり、現在では毎月開催となりました。

薬剤師の自己研鑽は義務であり、本来は自分自身で行うべきです。
しかし、自分で勉強をすることはとても難しいことです。
特に学校で教えてくれることに慣れている新人薬剤師は、何を勉強したらよいのかもわからないと思います。
そのため定期的な社内勉強会が必要なのです。

学術部としては、今後も世の中のトピックスを中心とした勉強会を開催していく予定です。
次回は「経皮吸収製剤」をテーマとした勉強会を4月20日に開催予定です。
posted by 学術部長 at 09:20| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

オンライン資格確認延期

マイナンバーカードを健康保険証として利用できる仕組みの本格運用が、当初予定の3月下旬から10月に延期されることになりました。
原因は4日から始まった試験運用で、患者情報が確認できないなどの不具合が相次いで発生したためです。

政府はマイナンバーカード普及のための手段の一つでつまずいた感じです。
マイナポイントである程度普及してきただけに残念です。

しかし健康保険証として利用できるようになったとしても、あまり普及しないのではないかと思っていました。
理由としては、導入する医療機関が少ないと思っていたし、患者にもメリットがないと感じていたためです。

今後、医療機関にも患者にもメリットが感じられるシステムにならないとマイナンバーカードの普及は難しいかもしれません。
posted by 学術部長 at 09:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

薬剤師国家試験合格発表

3月24日は薬剤師国家試験の合格発表でした。

合格率は68.66%で、昨年よりちょっと低下しました。
しかし新卒だけをみると合格率は85.55%と増加しており、既卒者の合格率が全体を低下させた感じです。

近年の合格率をみると、一部の私立大学の合格率がとても悪いことが気になります。
国家試験に合格しているのだから、薬剤師の質は十分に担保されていると思っていますが、薬学部の学生の質は確実に低下しているのではないでしょうか。
そのことが薬剤師の質にまで影響しているのでないかと心配しています。

私たち既存の薬剤師は、薬剤師を育てることが使命だと思っています。
また実務実習を通じて、薬学部の学生の成長にまで関わることも大切だと感じています。

薬剤師の質を上げ、職域を広げていくためにも、私たちがすることはいっぱいあるように思います。
posted by 学術部長 at 07:18| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

LINE

LINEにはオンライン診療に活用されるLINEドクターやビジネスツールと使用されるLINE WORKSがあるのをご存知でしょうか。
LINEは個人的なコミュニケーションツールだけでなく、医療の分野でも広がりつつあります。
LINE WORKSは一部の製薬会社でMRのコミュニケーションツールとして使用されています。

最近、LINEの情報に中国からアクセスできるようになっていたという報道がありました。
またLINEドクターの情報が韓国のサーバーに保存されているという報道もありました。

医療情報というのはとても重要な個人情報です。
そのため医療情報の流出は決してあってはならないことです。

今後、ICTの活用はさらに進んでいくと思います。
そのためにも情報の管理はしっかりとしてほしいものです。
posted by 学術部長 at 10:23| 日記 | 更新情報をチェックする