2014年11月30日

立野朋志の第47回日本薬剤師会学術大会へ行ってきました。

平成26年10月12日(日)
★大会記念式典・特別記念講演の様子
山形国際ホテルから、
大会記念式典・特別記念講演が開催される、山形市民会館まで徒歩で約5分。
少し早めに出発し、会場を見て回わりました。
9時20分頃に会場に到着したのですが、
すでに多くの人でにぎわっていました。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
大会記念式典の様子。
講演要旨集の表紙に載っているものと同じ、
山伏の法螺貝の演奏から始まっりました。
5.jpg
6.jpg
山形県薬剤師会 米田拓雄副会長の開会宣言があり、
その後大会長である日本薬剤師会 山本信夫会長の挨拶、
文部科学大臣の藤井基之先生の来賓祝辞など、豪華な顔ぶれとなった。

特別記念講演は「 iPS細胞による疾患研究の展開」と題し、
京都大学iPS細胞研究所初期化機構研究部門/物質-細胞統合システム拠点 
田康広先生によるご講演であったが、
シンポジウム3の会場への移動のため、
見ることはできなかったです。
posted by 委員長 at 00:00| Comment(0) | 学術大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

立野朋志の第47回日本薬剤師会学術大会へ行ってきました。

ところで、会場ですが、それぞれの会場が非常に離れており、
移動には循環バスで移動する必要がある状態です。
1.jpg
興味のある発表を全て見ることが難しいという状況で、
かなり詳細に予定を組まなければならなかったです・・・・。
ビッグウィングまでの移動が
山形テルサからバスで20分・・・離れすぎで困ったものです。
2.jpg
明日に備えて、ホテルに戻った後に、
講演要旨集を再度チェックして、床につきました。
posted by 委員長 at 00:00| Comment(0) | 学術大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

立野朋志の第47回日本薬剤師会学術大会へ行ってきました。

早速、宿泊する山形国際ホテルに向かいました。
1.jpg
宿泊は、学術大会の会場の一つのホテルであり、
懇親会も行われる予定のホテルであったため、
すでに学術大会の雰囲気が出ていました。
3.jpg
藤井基之先生、渡嘉敷奈緒美先生ら
議員の先生方も宿泊されており、
廊下でお会いし、ご挨拶をさせていただきました。

その他、日本薬剤師会 山本信夫会長、児玉孝前会長、
その他多くの理事の先生方ともお会いすることができました。

夕食までに少し時間があり、
明日のシンポジウムに備えて、
少しスライドの準備を行ったのち、
友人たちと夜の山形を楽しみました。
5.jpg

7.jpg
写真を撮り忘れたのですが、山形の名物セットを注文し、
芋煮、玉コン、米沢牛、だし、もってのほかを頂いた。

どこの店も予約でいっぱいで、
ようやく入れた店でしたが、山形を満喫できました。

posted by 委員長 at 20:25| Comment(0) | 学術大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

立野朋志の第47回日本薬剤師会学術大会へ行ってきました。

今回から連続でお届けするのは、
弊社学術マネジャー
立野朋志の第47回日本薬剤師会学術大会参加報告です。
                     せんむ なんば

平成26年10月12日(日)〜13日(月)に山形県で行われた、
日本薬剤師会学術大会への参加報告をします。
今回の学会のテーマは、
【オール薬剤師の新たなあゆみ-出羽の国 山形から発信-】でした。
1.jpg
平成26年10月11日(土)
東北の山形県ということで、
当日発では間に合わないこともあり、
出発は11日(土)の朝から、
津山より、津山線で岡山駅に出発し、
岡山9時18分発「のぞみ122号」にて東京に向かいました。
2.jpg3.jpg4.jpg
東京駅に12時43分に到着。
乗り継ぎまで17分しかなく、
東京を楽しむ間もなく「つばさ139号」の待つ21番線まで移動、
大急ぎで駅弁を購入したのですが、
7.jpg8.jpg9.jpg
緊急非常ボタンを押されたとのことで、
約10分の遅れ。
13時発のはずが、13時10分頃の出発となりました。

今回の学会において分科会(以下 シンポジウム)で話を行うこととなったが、
今回の話のきっかけが東日本大震災であり、
思いを馳せ、宮城県産黒毛和牛使用の牛すき弁当を味わいながら、山形へ向かいました。
15時50分着予定であったが、15時55分に山形駅に到着となった。
≪つづく≫
posted by 委員長 at 11:21| Comment(0) | 学術大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする